妊娠前や妊娠中に有効な葉酸サプリ

妊娠前や妊娠中に有効な葉酸サプリ

妊娠中に欠かせないと言われている葉酸サプリですが、妊娠時期によって働き方が多少違っています。

 

葉酸は、妊娠前や妊活中といった時期において、子宮内膜を厚くしたり、着床しやすくするなど、妊娠しやすい体質づくりのサポートをしてくれます。

 

そして、妊娠してから4か月までの初期段階においては、神経管閉鎖障害や流産のリスクを低減する働きがあります。

 

特に、この時期は、厚生労働省においても、1日の推奨摂取量を400μgとしており、積極的な葉酸摂取を促しています。

 

そのため、妊娠前から妊娠初期時期は、最も葉酸サプリを摂取したい時期でもあるのです。

 

もちろん、4か月以降においても葉酸サプリは有効です。

 

流産や早産の予防、妊娠高血圧症候群の予防、貧血予防、免疫機能や消化器機能の向上といった働きが期待できます。

 

さらに、出産後の授乳中においても、造血効果によって母乳の出がよくなったり、産後の子宮回復力を向上させたりといった働きも期待できます。

 

ただ、必ずしもずっと同じ量を飲み続ける必要はありません。

 

妊娠前と妊娠中は推奨量を飲むようにし、出産後の授乳期には、葉酸サプリの量を少し減らして飲むなどして調節しながら補給するのがベストです。

 

体調に合わせて、自分に合った葉酸サプリの摂取量を見つけていきましょう。

葉酸サプリはいつごろから飲み始めるのがベストなのか

 

元気なお子様を出産するために欠かすことの出来ないのが葉酸だと言われていますが、最も効率的に摂取するには葉酸サプリの活用が必須であるとさえ言われています。

 

では葉酸サプリはいつごろから飲めばよいのかという疑問が出てきますが、妊娠をする前から飲む方がより効果的だと言われているんです。

 

大体妊娠前のひと月から三ヶ月前くらいから飲み始めるのがベストであるとされていますので、余裕を持って葉酸サプリを購入しておいた方が良いかと思います。

 

葉酸は野菜にも普通に入っているから、特にサプリメントに頼らなくても大丈夫だろうと言う方もいますが、野菜だけだと調理をした時に葉酸が失われることも多く、十分な量を摂れない可能性が多いんです。

 

だからこそ足りていないことの多い葉酸をサプリで補ってあげるという事が大切で、しかもなるべく早い段階で摂取しておいたほうがより出産を安定させるためには欠かせないとされているんです。

 

葉酸サプリはドラッグストアなどで気軽に購入することが出来ますので、もしこれからお子さんを出産する予定のある方は選んでおいたほうが良いでしょう。

 

信頼感のあるメーカーの安全性の高いサプリで、より効率的に摂取できる葉酸サプリを購入するようにしましょう。